教育

新入部職員

「患者さん・他職種から信頼される実践能力の高いジェネラリストを育てる」

大学病院薬剤師として患者さん・他職種から信頼されるためには、幅広い知識をもった実践能力の高いジェネラリストであることが求められます。また、医療者としての品格も必要とされます。

その上でスペシャリスト・研究者としての経験を積み、全国に情報を発信する薬剤師として活躍することを目指しいと考えています。

 

【目的】

大学病院の薬剤師として、幅広く活躍できる人材を育てる

 

【当部の新入部職員教育の特徴】

・1年間の新入部職員業務ローテーションで、調製剤業務、TDM、DI、病棟、治験の基本業務を習得することができます。
・メンター制度を導入し、知識・専門性・経験などを共有し、組織として新入部職員の医療人としての成長を支援します。
・がん治療、栄養、緩和ケア、救急など様々な分野で活躍するスペシャリストの薬剤師が在籍し、専門的な知識を学べる体制があります。

 

【体制】

 

【職員教育チーム】

新入部職員教育の運営をサポートし、職員の継続的な成長を促します。

 

 

【新入部職員業務ローテーション】

新入部職員はまず調剤室・製剤室に配属されます。一般的な内服調剤、注射調剤から始め、疑義照会や処方鑑査も先輩薬剤師からのアドバイスを受けながら行っていきます。
また、製剤室では高カロリー輸液の調製、外来化学療法室では抗がん剤の調製を経験します。これらの部署をローテーションしながら、中央供給部門の業務を習得していきます。

休日業務開始後からは、DI室・薬効解析室をローテーションします。DI室では、院内の情報システムや、医薬品情報に関する質疑応答の基本的手順を理解し、実践できることを目指します。薬効解析室では、休日業務でも行うタクロリムス、シクロスポリン、メトトレキサートの血中濃度測定、バンコマイシンやテイコプラニンの初期投与設計を学びます。

夜勤業務開始後からは、病棟業務・治験業務をローテーションします。病棟業務では、持参薬の確認、評価、SOAPの書き方を実践し、病棟業務の基本業務を身につけます。治験業務では、CRC業務の見学や、治験薬の管理について学びます。

 

【メンター制度】

メンター制度とは、業務を指導する直属の上司とは別に、相談役となる先輩(メンター)が新入部職員(メンティー)をサポートする制度です。

メンターは、週1回対話型の面談を行い、知識・専門性・経験などを共有し、業務に対するメンティー本人の自発的・自律的な気づきを促し成長へと導きます。また、職場への適応などの精神的サポートに対しても親身に相談に応じ、一年間責任をもってメンティーをサポートします。

メンターの声
・薬学的知識やビジネスマインドについて、メンティーの日頃の疑問に答えられるよう書籍を読んだりすることで、知識を深めることができました。
・メンティーだけでなく自分の部署の他の職員に対しても、以前より気を配って仕事ができるようになったと思います。

メンティーの声
・今週自分が何を意識して業務したか、何が問題だったか、定期的に意識し振り返ることの大切さを学ぶことができました。
・メンター制度を通じて、社会人として必要なマナーや応対が身に付いたように思います。

 

【新入部職員勉強会】

処方監査ができるように処方解析のトレーニングを行います。
先輩薬剤師が毎週1時間、新人職員の成長に合わせて、実臨床での調剤、監査時のポイントから処方箋の読解まで、処方監査に役立つ解説を行っています。

参加者の声
・調剤監査のコツなどの技術的なことから、処方解析の知識とその応用まで丁寧に教えていただき、日々の業務ですぐ実践に活かすことができました。
・様々な診療科で活躍されている経験豊富な先輩方から、幅広い知識や考え方を直接ご指導いただけるのは、大学病院ならではの貴重な経験だと思います。
・日々の業務で疑問に思ったことを自ら調べる力が身に付き、普段から考えながら働くということを意識するようになりました。それでも解決できなかったことは先輩に質問できるので、頼もしく感じています。

 

【部内セミナー】

論文抄読
論文抄読前には「論文の読み方について」の講義を行います。また、新入部職員の1回目の発表は、先輩薬剤師がサポートします。

症例検討
病棟薬剤師として実践力をアップするために、薬学的アプローチ方法を学ぶ症例検討会です。「見て、考えて、理解する」ことを目的とします。
病棟薬剤師から提示された症例について、事前に、1・2年目職員が、プロブレムを立て、アプローチ、モニタリングのポイントについて検討を行い、セミナー当日発表します。症例提示者からは、専門性をもった薬学的アプローチ方法の解説が行われます。
1年目職員の事前検討は、3年目薬剤師がサポートします。

 

【臨床薬物治療講義】

病棟薬剤師として実践力をアップするための勉強会です。各分野の専門・認定薬剤師が講師を担当します。各分野の専門的な知識を学ぶことで、病棟業務の幅を広げます。また、少人数で行うため、質問もしやすく、密度の高い内容になっています。


講義テーマ一覧
~2020年度~
緩和、中毒、栄養管理、がん薬物療法(アドバンスコース)、妊婦授乳婦
(がん薬物療法・感染症治療・TDMについては、部内セミナーで講義を行っています)

【メッセージ】

~入職を希望される方へ~

当院では、新入職員の方々に、上記のような人材、コンテンツなど、薬剤師として成長できる環境を準備しております。
この環境を生かすのはあなた自身です!
自ら学ぶ情熱と行動力にあふれる方をお待ちしています。
それぞれの志を大切に、一緒に頑張りましょう。