年別業績

2006年

原著・報告など

  • 三宅勝志,田山剛崇,木平健治,西原昌幸,畝井浩子,向井良,木村康浩,太刀掛稔,竹野幸夫,石野岳志,小川知幸,大久保剛,夜陣紘治.医師および薬剤師を対象とした鼻炎ステロイド多数回投与型粉末吸入製剤の操作性と有用性についての調査.医療薬学 2006;32(4):334-41
  • 冨田隆志,池田博昭,塚本秀利,杉本文子,三嶋弘,木平健治.緑内障点眼薬の1滴用量と1日薬剤費用.臨床眼科 2006;60(5):817-20
  • 松崎圭祐,三宅勝志,田山剛崇,木平健治,病院薬剤師を対象とした便通異常の現状と生活の質への影響に関する調査.日本病院薬剤師会雑誌 2006;42(6):751-4
  • Tayama Y, Miyake K, Sugihara K, Kitamura S, Kobayashi M, Morita S, Ohta S, Kihira K. Effect of Green Tea Beverages on Efficacy of Povidone-Iodine. J Health Sci 2006;52(3):324-8
  • 木村康浩,柴田ゆうか,小豆原結佳,土井穂波,木平健治.注射用塩酸リトドリン製剤の先発医薬品と後発医薬品における品質比較.医療薬学 2006;32(7):667-72
  • 金森久幸,有田健一,星野響,大久保雅通,小澤孝一郎,神田博史,宗文彦,田坂佳千,田中秀雄,村上行雄,黐池千恵子,森井紀夫,山崎健次,行武理江,木平健治.広島県民の健康食品に関する意識調査.広島医学 2006;59(7):602-11
  • 伊藤公訓,田中信治,日山亨,上野義隆,岡志郎,金子厳,吉田成人,島本大,北台靖彦,酒井正彦,落合奈緒,嶋田俊昭,桑田直治,木平健治,茶山一彰.難治性口内炎に対するエカベトナトリウムの効果の検討.新薬と臨床 2006;55(10):1558-66
  • 田山剛崇,三宅勝志,酒井正彦,杉本文子,出路直子,宮河真一郎,佐藤貴,西村真一郎,小林正夫,森田修之,木平健治.坐剤分割法における分割方向とその主薬分布に関する研究.医療薬学 2006;32(11):1100-4
  • 木平健治,有田健一,大久保雅通,小澤孝一郎,金森久幸,神田博史,宗文彦,田坂佳千,田中秀雄,村上行雄,森井紀夫,山崎健次,黐池千恵子,行武理江,広島県地域保健対策協議会健康食品の正しい知識の普及に関する特別委員会.平成17年度 広島県民の健康食品に関する意識調査.広島医学 2006;59(12):1036-46

解説など

  • 西岡豊,大坪健司,小口敏夫,門林宗男,木平健治,京谷庄二郎,水口和生,雨宮美智子,加勢泰子,川勝一雄,弦間貴秀,小林泉,平賀元,宮下精一郎,前川恵子.病院薬剤部・薬局の整備,構造,機能基準の改定に関する研究.日本病院薬剤師会雑誌 2006;42(1):81-86
  • 佐伯康之,冨田隆志.抗菌薬使用開始時におけるloading dose (負荷投与) の必要性について.治療学 2006;40(5):593-5
  • 連載:松本佳代子,宮原富士子,柴田ゆうか.女性の健康支援~思春期・性成熟期編~.薬局 200;57(1-4,6)
  • 柴田ゆうか,池田博昭,木平健治.【病気と薬の説明ガイド2006】 薬剤編 ホルモン製剤 性ホルモン薬.薬局 2006;57(Suppl.);1777-93
  • 山田啓太,畝井浩子,大田博子,佐伯康之,佐々木雄啓,島田直美,菅原康洋,竹田克明,西原昌幸,郷谷一哉,白尾悟,政森康治,太刀掛稔,木平健治.プレアボイド推進への取り組み 広島県病院薬剤師会・プレアボイド委員会.広島県病院薬剤師会誌 2006;41(3):3-7
  • 西岡豊,大坪健司,小口敏夫,門林宗男,木平健治,京谷庄二郎,水口和生,雨宮美智子,加勢泰子,川勝一雄,弦間貴秀,小林泉,平賀元,宮下精一郎,前川恵子,平成17年度学術委員会学術第1小委員会.病院薬剤部・薬局の整備,構造,機能基準の改定に関する研究.日本病院薬剤師会雑誌 2006;42(8):1085-9
  • 藤井輝久,高田昇,畝井浩子,木平健治.初回治療の介入に必要な抗HIV薬・HAARTの基礎知識 抗HIV薬の留意すべき相互作用.薬局 2006;57(10):2907-11
  • 小早川誠,泉谷悟,山中和子,槙埜良江,黒川博己,佐伯俊成.
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 抗精神病薬の基礎知識と使い方.緩和ケア 2006;16(10月増刊):110-4
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 クロルプロマジン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):115-6
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 ハロペリドール.緩和ケア 2006;16(10月増刊):116-7
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 レボメプロマジン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):117-8
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 チオリダジン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):118-9
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 オランザピン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):120-1
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 リスペリドン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):121-2
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 フマル酸クエチアピン.緩和ケア 2006;16(10月増刊):122-3
    【緩和ケアのための医薬品集】 中枢神経系 塩酸ペロスピロン水和物.緩和ケア 2006;16(10月増刊):123-4
  • 岡冨大輔,杉本文子,木平健治.眼科病棟における緑内障患者への服薬指導.広島県病院薬剤師会誌2006;41(4):7-11
  • 畝井浩子,木平健治.災害発生! そのとき薬剤師にできること 災害用医薬品の備蓄体制 病院の場合.月刊薬事 2006;48(13):2039-46
  • 新井茂昭,木平健治.シリーズ 疾患別ガイドラインと薬物治療 アトピー性皮膚炎.日本薬剤師会雑誌 2006;58(12):1713-7

総説

  • 冨田隆志,竹末芳生,木平健治.Therapeutic drug monitoring (TDM) に基づく抗菌薬の適正使用.日本外科感染症学会雑誌 2006;3(4):547-52